MENU

COMPANY会社案内

Introdction会社プロフィール

カワタテックは奈良県桜井市に位置し、1933年の創業から工作機械の一部である旋盤用チャックを始めとする周辺機器を販売してきた会社です。その後、パレットチェンジャ・ツールチェンジャの製造販売や、マシニングセンタ周辺機器の販売などに事業を拡大してきました。
特に旋盤用チャック事業においては大型サイズに特化し、国内外で多くの大型旋盤に採用されています。
companyjimtof

Products3つの製品群

NOBEL ブランドの旋盤用大型チャック
大型の円形部品を精度よく固定する装置です。大型の円形部品とは、例えば「電車の車輪」、「航空機エンジン部品」、「風力発電機のベアリング」などで、手で持てるものから、数百トンのものまで様々です。NOBELチャックは、これらの大型部品を工作機械で切削加工する為に、精度よく強力に固定する装置です。大型部品は、一般的に数が少ないが種類は多く、加工における要求はさまざまで、それらの部品に最適な装置を設計して提供しております。
tm

パレットチェンジャ・ツールチェンジャ
工作機械において加工対象となる部品や、加工する工具を搬送する装置です。サーボモーターなどさまざまな駆動装置を駆使した構造で、工作機械の付加価値向上に役立っております。
Print

マシニングセンタ周辺機器
ユニークな構造を有するメカ式割出し台「タッチデックス」や5軸バイス「ジーニアス」など、提案力のある商品を販売しております。
4.0.1 JP

Profile会社概要

商号 株式会社カワタテック
所在地 本社工場 / 〒633-0047 奈良県桜井市橋本48-1
電話番号 本社工場 / 0744-45-0360
FAX 0744-45-0364(本社工場)
代表取締役 川田 昌宏
資本金 38,000,000円
従業員数 48名

History会社沿革

1933年 サンエックス工機製作所創立、旋盤用チャック製造始める
1945年 桜井市阿部に移転し、川田鉄工所と社名変更
1950年 商標をNOBELとし、旋盤チャックに主力を注ぐ
1961年 法人改正、川田鉄工株式会社とする
1965年 工場完成、大型チャックに力を入れる
1971年 インデックスチャック販売開始
1979年 新社屋及び阿部工場完成
大型スチールチャック米国輸出始める
1983年 立旋盤用パレットチェンジャ、角パレット生産開始
1985年 橋本第一工場完成
マシニングセンター用パレットチェンジャ生産開始
ツールチェンジャ生産開始
1992年 株式会社カワタテックに社名変更
1996年 本社事務所(橋本)に移転
2001年 ISO9001認証取得
2004年 イタリアOML社とタッチデックスの代理店契約締結
2010年 ジーニアス販売開始
薄型スクロールチャックTMシリーズ販売開始
2015年 第4工場完成
塗装工場完成

Access Mapアクセス

お車でお越しの場合

名阪国道天理インターより南へ 約30分
西名阪自動車道郡山インターより南へ 約40分
南阪奈道路終点より東へ 約20分

電車でお越しの場合

近鉄桜井駅よりタクシーで約10分
近鉄大和八木駅よりタクシーで約15分